あきつ動物病院は東村山市秋津町を中心とする地元に根ざした病院です。

あきつ動物病院スタッフによるブログです

受診目的別診療ガイド

皮膚がかゆい、耳がかゆい

皮膚や耳を掻く、頭をよく振るなどの行動が見られ、赤みや脱毛、発疹などの症状から気付かれることが多いです。 原因には様々なものがありますが、慢性化すると治りにくくなるため、早めの受診をおすすめします。

Step1
問診

『いつから、どれくらい痒がりますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、かゆみの程度、部位などできる限り詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。
痒がる部分の皮膚を中心に、皮膚全体を詳しく診ていきます。

Step3
検査

『抜毛検査・スタンプ検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただきます。
皮膚検査では、抜いた毛を顕微鏡で見るなどして原因となっている病原体を探していきます。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
症状が軽く
内服薬が必要でない子
\500 皮膚検査 \1,000 外用薬 \1,000 \2,500
症状が重く
内服薬が必要な子
\500 皮膚検査 \1,000 内服薬 \3,000 \4,500

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

下痢・嘔吐

急激に激しい症状が起こる場合もあれば、慢性的に長く症状が続く場合もあります。
下痢や嘔吐を起こす病気には様々なものがあり、中には内臓疾患などの大きな病気が隠れていることもあるため、早めに受診しましょう。

Step1
問診

『下痢や嘔吐はいつから続いていますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、元気や食欲があるのか、最近変わったものを与えたりしてないか、どのような便や嘔吐物だったのかなど、できる限り詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診・聴診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。

Step3
検査

『糞便検査、血液検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただき、
飼い主様と相談の上、進めていきます。
下痢の場合は糞便検査をして、便の中に病原体がいないかを調べたりします。長く症状が続いている場合などには血液検査を行うこともあります。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに、治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
軽度
お薬を飲める子
\500 - 内服薬(3日分+処方食)
¥2,500
\3,000
中度
お薬を飲めない子
\500 - 注射 \2,500
皮下点滴 \1,500
\4,500
重度
検査が必要な子
\500 スクリーニング検査
\17,000
注射  \2,500
皮下点滴 \1,500
\21,500

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

おしっこが赤い、回数・量が多い

腎臓や膀胱といった泌尿器に何か問題があると見られることが多く水をよく飲む、
食欲の低下、元気がないなどの症状が見られることもあります。
気になる症状があれば受診しましょう。

Step1
問診

『おしっこは出ていますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、おしっこが出ているのか、またおしっこの色や回数など、気づいたことをできる限り詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。

Step3
検査

『抜毛検査・スタンプ検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただき、
飼い主様と相談の上進めていきます。
尿検査で現在の尿の状態を調べたり、超音波検査を行い、膀胱や腎臓の様子を確認します。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに、治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
症状が軽く
通院治療を行う子
\500 尿検査 \1,000 注射 \2,000
内服薬 \1,500
\5,000
症状が重いが、
通院治療を行う子
\500 尿検査 \1,000
超音波検査 \1,000
血液検査 \2,000
注射 \2,200
内服薬 \1,500
\8,000
症状が重く、
入院治療が必要な子
\500 スクリーニング検査
\17,000
- \17,500

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

咳が出る、疲れやすい

発咳や呼吸が荒い、散歩の時に座り込むなどの症状は心臓や肺、気管などに病気が隠れている可能性があります。
特に心臓病は症状が出た時には病態が進行していることが多いので、このような症状に気づいたらすぐに受診してください。

Step1
問診

『咳が出たり、呼吸が早い感じはありますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、いつ頃から咳が出ているのか、散歩などで疲れやすいかなど様子を詳しく教えてください。 

Step2
身体検査

『触診・視診・聴診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。

Step3
検査

『レントゲン検査・超音波検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただきます。
心臓や肺、気管の状態を調べるレントゲン検査や心臓の超音波検査を行います。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
症状が軽く
内服薬で様子を見る子
\500 - 内服薬 \1,250 \1,750
症状が重く
検査が必要な子
\500 レントゲン検査 \4,000 内服薬 \1,250 \5,750
心雑音があり
心臓の検査が必要な子
\500 心臓検査 \10,000 - -

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

目ヤニが多い、目が赤い

目ヤニ、充血、目をしょぼしょぼするなどの症状は結膜炎を起こしていたり、角膜に傷がついていて目に痛みがある場合があります。
症状が軽いものであればそのまま良くなる場合もありますが、症状が落ち着かない、または悪化傾向がある場合には受診してください。

Step1
問診

『目をしょぼしょぼしますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、目ヤニが出ているのか、目をこすったりするかなど様子を詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。
左右の眼に充血などの異常がないかを見ていきます。

Step3
検査

『シルマー涙液検査、眼圧検査、フルオレセイン検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただきます。
涙の分泌量を調べるシルマー涙液検査や角膜の傷の有無を調べる
フルオレセイン検査、眼圧の測定などを行います。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
症状が軽く
点眼薬のみで治療する子
\500 眼科検査 \1,000 点眼薬 \1,500 \3,000
症状が重く
内服薬が必要な子
\500 眼科検査 \2,000 点眼薬 \1,500
内服薬 \1,250
\5,250

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

歩き方がおかしい

片足を上げて歩いたり、引きずって歩いたりする原因には骨や関節に異常がある場合だけでなく、ヘルニアなどの神経疾患により起こることもあります。
外見だけでは判断が難しく、レントゲンなどの検査が必要となりますので、症状が続く時には受診してください。

Step1
問診

『いつから、どんな歩き方をしますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、いつからなのか、触ると痛がるかなど、様子をできる限り詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。
実際の歩き方を見たり、触診で腫れているところや怪我をしているところがないかなどを探していきます。

Step3
検査

『レントゲン検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただきます。
レントゲン検査では、骨折や脱臼など骨や関節に異常がないかを調べます。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
症状が軽く
お薬で様子を見る子
\500 - 注射  \2,200
内服薬 \1,250
\3,950
症状が重く
検査が必要な子
\500 レントゲン検査 \5,000 注射  \2,200
内服薬 \1,250
\8,950

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

口臭がする、歯石がついている

犬や猫は人間よりも歯石が付きやすく、歯石は細菌の塊なので付着により口臭がするようになります。
また、歯石が重度に付着すると歯肉炎や歯周病になり、歯や口の中に痛みが生じてくる場合もあります。
口を痛がる様子や口の臭いに気づいた時には受診しましょう。

Step1
問診

『歯ぐきからの出血や食欲の低下がありますか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、食事の時の様子や歯石の付着具合、歯ぐきから出血がないかなどできる限り詳しく教えてください。 

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。
口の中や歯の状態(歯石の付着具合など)を確認します。

Step3
検査

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただき、
飼い主様と相談の上、進めていきます。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を
決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
お薬で経過をみる子 \500 - 注射  \2,200
内服薬 \1,500
\4,200
歯石除去が必要な子 - - 歯石除去(血液検査を含む) \20,000 \20,000〜

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

できものがある、しこりがある

できもの、しこりは大きく言えば腫瘍です。皮膚にできる腫瘍には悪性のものも良性のものもありますが、見た目だけでその判断は難しく検査が必要になります。
腫瘍ができていることに気づいた時、大きくなってきたなど変化があった時にはご来院ください。

Step1
問診

『いつ気がつきましたか?』

飼い主様に現在の症状についてお伺いします。
飼い主様からの情報が診察の方向性を決めるのに役立ちますので、しこりの部位、だんだん大きくなってきているのか、本人が気にしているかなどできる限り詳しく教えてください。

Step2
身体検査

『触診・視診』

体重、体温の測定を行います。
また心臓・肺音の聴診、腹部の触診などに異常がないかをチェックし、
全身状態を把握します。
他にもしこりがないかなど、全身を触診・視診していきます。

Step3
検査

『院内細胞診検査・病理検査』

ここまでで把握した情報から検査が必要な場合は提案させていただきます。
院内細胞診検査では、しこりに針を刺して顕微鏡で観察し、腫瘍細胞が
ないかを見ていきます。
院内で判断がつかない場合や、癌が疑わしい場合には専門医に診てもらう病理検査を行います。
(症状が軽い場合には、検査は行わずに治療を行う場合があります。)

Step4
治療

症状や検査結果を踏まえて治療を行います。
検査結果については飼い主様に説明させていただき、今後の治療方針を決めていきます。

料金

  診察料 検査 治療 総額
内服薬で様子を見る子 \500 院内細胞診検査 \1000 内服薬 \1,250 \2,750
詳しい検査が必要な子 \500 外注細胞診検査 \7,500 - \8,000

※こちらの料金は大まかな目安です(体重、状態により変わります)。
   また検査・治療費が高額になりそうな場合には、前もって飼い主様にご相談させていただきます。
※初めての方は初診料\1,500がかかります。

健康診断

人間の4倍のスピードで年をとってしまうわんちゃん、ねこちゃん。
その健康を維持するために当院では1歳を過ぎたら年に1回、7歳以降のシニア期に入ったら春と秋の年に2回、健康診断することをおすすめしています。

年齢シート

わんちゃん、ねこちゃんの年齢を人間に換算すると初めの1年で20歳前後になり、
それ以降は1年で4歳ずつ歳をとっていきます。

猫・犬の年齢 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 1年 1年半 2年 3年
人間の年齢 1歳 3歳 5歳 9歳 13歳 18歳 20歳 24歳 28歳
4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 11年 12年
  32歳 36歳 40歳 44歳 48歳 52歳 56歳 60歳 64歳
    13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年
    68歳 72歳 76歳 80歳 84歳 88歳 92歳 96歳

犬種・猫主や体格・体重・飼育環境によっても違いがあるので、あくまでも目安です。
小型犬とくらべて大型犬の方が早く歳を取ると考えられています。

春の健康診断(4〜6月)

血液検査での健康診断を行います。
わんちゃんではフィラリア予防のための血液検査時に一緒に行いましょう。
年齢に応じたおすすめのプランが分かれています。 

プラン

検査内容

料金
ジュニアプラン
(1〜6歳におすすめなプチ検査)
フィラリア検査+血液生化学検査 \5,000
アダルトプラン
(4〜8歳におすすめな通常検査)
ジュニアプラン+血球計算 \6,000
シニアプラン
(8歳以上におすすめなしっかり検査)
アダルトプラン+ホルモン検査+尿検査 \8,000

※検査項目などの詳細については当院の患者様にはDMにてお送りしています。

秋の健康診断(10〜12月)

人間ドックのような全身の検査を行います。
事前にご予約をいただき、お預かりして行います。

検査項目

内容


身体検査
視診・触診・聴診から体型、耳や皮膚の異常がないか、心臓に雑音がないかなど
全身状態を確認します。

血液検査
外見からはわからない内臓などに異常がないかを調べます。

レントゲン検査
胸部 心臓、肺を中心に異常がないかを調べます。
腹部 お腹の臓器を中心に異常がないかを調べます。

超音波検査
腹部 お腹の臓器(肝臓・脾臓・腎臓・膀胱など)の構造に異常がないかを調べます。
心臓 心臓の動きや形に異常がないかを調べます。

眼科検査
視診、涙液量測定、眼圧測定などから総合的に目の異常がないかを調べます。

尿検査
尿定性試験(尿中に血液やタンパクなどが出ていないか)、尿比重(尿の濃さ)、尿沈渣(細菌や血液成分、結石が含まれていないか)をチェックします。

糞便検査
便の色や固さに異常がないか、寄生虫がいないかをチェックします。

予防接種、フィラリア予防

「防げる病気は防いであげる」
ワンちゃん、ネコちゃんの健康を維持するために大切なことだと思います。
当院では各種予防ワクチンの接種、予防薬の処方を行なっております。
特にご予約は必要ありませんので、お気軽にご来院ください。

混合ワクチン

伝染病を予防するために、初年度は3〜4週間隔で2〜3回、それ以降は1年に1回の接種をおすすめします。

6種混合ワクチン ¥4,500
8種混合ワクチン ¥6,000
3種混合ワクチン ¥4,500
5種混合ワクチン ¥5,500

※いずれも診察料¥500(初めての方は初診料¥1500)が別途かかります。

 
狂犬病ワクチン

犬を飼っている方は1年に1回の接種が法律で義務付けられています。

注射代 ¥2,500

※別途診察料¥500が別途かかります。

※東村山市ご在住の方は注射済票交付を代行できます。
(注射済交付票料¥550をお預かりし、後日郵送します。)
新規の方は新規登録の代行も行なっています。
(新規登録料¥3000をお預かりし、後日書留郵便で郵送します。)

 
フィラリア予防

毎年飲み始める前には血液検査が必要です。
予防薬を1ヶ月に1回飲んで予防しましょう。
当院では5〜12月までの8ヶ月間の投与をおすすめしています。

 

フィラリア抗原検査代 ¥1,500
フィラリア予防薬 錠剤タイプ ¥500〜
おやつタイプ ¥600〜

体重により値段が異なります。詳しくはお問い合わせください。

 
ノミダニ予防

当院ではノミやマダニが活発に動き回る春先から秋にかけて 月に1回の投与をおすすめしています。
体重とお薬の種類(おやつタイプなのか、背中につけるタイプなのか)により値段が異なります。
詳しくはお問い合わせください。

mailto:info@akitsu-ah.com